副作用

放射能とプロポリス

様々な点で効果があることが実験の結果からわかっているプロポリスですが、放射能対策にもよいといわれるようになってきています。
どうして「プロポリス」と「放射能」なのかというと、基本的には体を守るという発想から来ます。

放射能は浴びない・体内に入れないことが鉄則となります。
ですから出かけるときは基本的に肌を出さない、マスクをしますが、 それを体の中から対策したいというのであれば、プロポリスの内服というわけです。

プロポリスは自然の抗生物質といわれていますが、なんとここまで体を守ることができるのです。
プロポリスと放射能、一見何のつながりもないこの二つですが、実験の結果を経て現場でも利用されるようになってきているのです。

こう考えるとどれだけ科学が進歩して私たちに多くの益をもたらしているとしても、結局一番役に立つのは自然由来のものであるということができます。
プロポリスの可能性は広がるばかりです。


このページの先頭へ