副作用

プロポリスの好転反応

好転反応とは体が良い方向へと向かっている証拠です。
これに関しては個人差がありますが、普段あまり良くない生活を送っている人ほど出やすいものです。
たとえば「お腹がゆるくなる」これも毒素を出すために体が反応していることの一つの証拠です。

「尿の色が濃くなる」のもこの反応の一つです。
また「体がだるく」なったり、「眠くなる」こともあります。
これらの時期(だいたい1週間)を超えるとぐっと体が良くなります。
プロポリスを摂取した場合もこの好転反応があります。

ですから、これはプロポリスを服用したために自分の体に合わなかったというわけではなく、体が良くなるきっかけであると考えるのが正しい考え方です。
しかし、アレルギー反応とは異なります。
もしミツバチが生成したものを摂取してアレルギー反応が出たことがある人は、プロポリスを摂取する前に医師に確認を取る必要があります。

また症状が出続けるというのも、好転反応とは考えにくいです。
かなりの期間、下痢が続くなどこういった場合は体に合わない可能性もあるので見極めが大切です。
自然からできているものですが、効果が高いため海外では薬http://www.lotsa.jp/iryouhinn.htmlとして認知されています。


このページの先頭へ