副作用

天然の抗生物質プロポリス

ミツバチの巣に注目すると分かりますが、入り口が少し黒くなっています。
これがなにかというと、プロポリスなのです。
ギリシャ語に由来した「前を守る」という意味合いを含みます。

では、どうしてミツバチは巣の入り口にプロポリスを塗っておく必要があるのでしょうか。
この理由こそがまさしく天然の抗生物質といわれる所以となっています。
それは、ミツバチが外で仕事を終えて、花粉や樹液を集めて巣に戻るわけです。
このとき多くの菌が体についています。
そこで、このプロポリスで囲まれた入り口を通ることによって自分の体をきれいに抗菌、殺菌することができるというわけです。
ミツバチは団体生活しています。
そうするとすぐに菌が増え広がりますし、巣の中は湿度と菌であふれます。
それを防ぐ上でプロポリスの活躍がかかせません。

そしてこの効果は人間にも良い影響を与えます。
このプロポリスを毎日摂取するならば、体の免疫力を向上させることができるのです。

人工的な抗生物質だと力が強すぎますが、自然の抗生物質であるとふさわしい働きだけをしてくれます。
毎日のプロポリスが病気から守ってくれます。

このページの先頭へ